登録団体からのお知らせ

登録団体名
 登録No.134 俳句会 金木犀 俳句会金木犀

最新情報                                                            
句会報告
【日時】平成30年2月16日(金)午後1時~4時
【場所】福生市輝き市民サポートセンター
【内容】講師の沢田先生からひと言。節分を境に春となります。先日訪れた小田原城では
    蕗の薹が出ていました。次月の句会時には梅とか椿とか春にふさわしい季語を
    使った旬の俳句をお創り下さいとのお話がありました。
    今月は参加者10名(内1名は俳句のみ)での句会でした。提出4句/1人の計40句
    の中から各自5句選句し(特選1句並選4句)披講する。最後に講師の選句結果と
    全部の句に講評と添削をして頂きました。
    講師の選句結果は特選3句並選22句でした。
講師特選  3句


③  
早春の大川上る船の音
葦の原湿地となりて雪解水
摘み草や相模の海の見ゆる丘
         悦子
       仁正
       玉記
講師コメント
 ① 視覚と聴覚(船の音)を働かせて少し大きな船がゆったりと行く姿が浮かびます。早春の季語ぴったりで良し。
 ② 今の季節だと乾いた場所にあるはずの葦が、雪解け水の為に湿地となった事に驚く作者の気持ちが良く詠めています。
 ③ 摘み草をしている作者の春を迎える歓びの様子とか明るい季節感が良く伝わりました。
並選句中の多くの会員が選んだ 3句
 ・
 ・
 ・ 
厨辺に小豆ことこと雪しまく     
檜原に列なす豆腐屋滝凍る     
盛り上がる畑の黒土浅き春  
           桂子
         珠江
         公子
他の会員の句
 ・
 ・
 ・
 ・

福豆を緑茶に入れて香ばしや
冬の朝車窓から見る日の出かな
鬼逃げた節分の豆拾う朝
節分や富士の嶺被る綿の雲    
      その子   
       節子 
       和之
       政芳 

次回句会 【日時】平成30年3月16日(金)午後0時半~4時半
【場所】福生市輝き市民サポートセンター 
       
今後の
活動予定

1.俳句展示のご案内
   現在未定です
2.会員募集のご案内
   毎月、見学・無料体験者のお越しをお待ちしております。
   お越しの際は講師より俳句作りに当って「最低限の約束事」の説明を
   無料で行っております.

講師紹介 沢田弥生先生  俳人協会会員 、 「燎」同人
           NHK学園あきる野ルピア講師

           句会の様子                     2017年俳句展示会           あきる野市広徳寺にて吟行
                 
 

団体の紹介
目的 句会・吟行や作品展示を通して広がる人の和、活動の輪を
目指します。四季折々の自然と親しみながら俳句作りの楽し
みを得て人生に潤いと繋がりを作ります。
ボランティア活動の一環として毎月一回有料老人ホームにて
句会を開催しています。
活動内容 ほぼ毎月句会形式で講師の指導を仰ぎながらも俳句を
学習します。毎月の句会時ご見学・無料体験参加を歓迎
しますのでご興味をお持ちの方はご遠慮なくお越しください。
また、一年に一回以上、吟行をします。
活動日時 毎月第3金曜日 午後1時~4時
活動場所 福生市輝き市民サポートセンター
問合せ 電話・FAX 042-552-7840
代表者 菊地玉記
ホームページ
メールアドレス

更新日: 2018年2月17日 更新担当者:



 
  Copyright(C) 2005 Fussa city All right reserved. 福生市輝き市民サポートセンター