登録団体からのお知らせ
   読み上げ速度

登録団体名
登録No.44 ドイツ平和村をサポートする会 Peace in Smile

最新情報

ドイツ国際平和村からニュース
ドイツ国際平和村のチャーター便が、5カ国からの子どもたちを乗せてドイツに到着しました!

 2月4日(水)夕刻、緊張と安堵が入り混じる中、127人の病気やケガを負った子どもたちがデュッセルドルフ空港に到着しました。ドイツ国際平和村がチャーターした航空機は、タジキスタンを出発し、アフガニスタン、ウズベキスタン、ジョージアを経由してドイツに着陸しました。
 アフガニスタンの子どもたちを援助飛行でドイツに連れて来れたのは、1年ぶりのことです。到着後、半分以上の子どもたちが、オーバーハウゼン交通局のバスに乗って、ドイツ国際平和村施設に向かいました。その他の子どもたちは、30台を越えるドイツ赤十字社やバイエルン赤十字社の救急車に乗って、空港から直接無償で治療を行ってくれる協力病院へ向かいました。
 今回、アフガニスタンの子どもたちへのビザ発給に関しても多大なサポートがありました。またヤコブスは、支援する国にチャーター機で離発着することが年々厳しくなっていることを懸念しているとも伝えました。加えて、ドイツ各国またはヨーロッパ内の病院から、無償で治療を行う承諾件数を増やすこともまだ課題として残っています。

※詳細はこちらを参照ください。 平和村ニュース


お越しいただきありがとうございました
 12月10日(日)、平和村リレートーク「平和村での子どもたちとの日々」を行いました。当会では、平和村でボランティアしていたした方をお呼びし、その経験を通しての想いなどを聴く機会を持っています。今回は2016年に活動された仁平杏(にひら こう)さん、坂口平和(さかぐち へいわ)さんのお二人に経験をお話し越しいただきました。
 お二人の話では、ボランティアに参加するきっかけや渡独するまでに行った準備内容、実際に平和村の子どもたちと過ごした時間について触れ、「子どもたちと触れ合う中で、平和村での生活の意味やボランティアとしてどう接すればよいのか、考えさせられた」と、語られました。
 後半のフリートークでは、参加者から感想が出されましたが、中でもこれから平和村でのボランティアを希望している方からは、平和村へ行くための疑問点・注意点の質問がありました。
 会場でお預かりした寄付金は、これまでお預かりしていました寄付を含め2万円を12月18日に平和村へ送金しましたので、ご報告いたします。ご協力ありがとうございました。

※写真は以下に掲載。


あたたかい気持ちに包まれて…
 10月14日(土)、福生市さくら会館大ホールを会場にチャリティ・イベント「Peace in Smile 2017 世界の子どもたちに届けよう!」を開催し、協力者含め56名の参加がありました。

 当日は、このイベントの趣旨を理解していただいた劇団COLORSの皆さんによる芝居、秋山ちづるさんの歌とピアノ演奏、そして安達元彦さんのご指導のもとに参加者全員で歌いました。劇団COLORSの皆さんは、このイベントのためにドイツ平和村を主題にした芝居をつくっていただき、想いが伝わってくる演技を見せてくれました。秋山さんの歌とピアノ演奏は、優しさと激しさが声やピアノから響き、聞いていた人みんなが魅了されていました。最後の「みんなで歌おう」では、安達さんのわかりやすい指導を受け、会場にいる人たちが一つとなって合唱しました。
 参加された方からは、「色々と考えさせられました。世界が平和であってほしい。」「お芝居、ピアノと歌、時々涙ぐみそうになりながら聞き入りました。」「とても貴重な一時になりました。」などの声が寄せられました。
 このイベントを開催するにあたり、多くの方に協力していただきました。

 会場にてお預かりした寄付は37,159円、グッズ販売上げ18,610円を合わせて55,769円となりました。10月26日に送金いたしましたので、感謝とともに、ご報告いたします。(但し、その他の寄付4,231円を合わせ、総額60,000円を送金いいたしました。)

※写真は以下に掲載。


資料パネルを貸し出します。
 ヒロシマ・ナガサキ「原爆と人間」
 資料パネルを貸し出します。ご希望があれば、ご連絡ください。

例会
次の日程で行います。
・3月10日(土)午後6時30分
 会場は輝き市民サポートセンター
見学希望される方はお問い合わせください。

  12月10日(日)平和村リレートークを開催
   

   


団体の紹介
目的 会員相互で学び、国際的視野を広げていきます。自らが直接世界各地に出向くことはできなくとも、日本にいながら世界の地域の人々と手を結んでいくことを目指します。
ドイツ国際平和村の活動趣旨を理解し、いろいろな方法で平和村の取り組みを多くの人に伝え、共に平和について考えること、賛同者の協力による財政的サポートも目指します。
活動内容 ドイツ国際平和村の最新情報を知り、国際状況について学習しています。 また、ドイツ国際平和村の実情を多くの人に知ってもらうために、イベント(事業)など企画実施しています。
活動日時 毎月1回例会 不定期
活動場所 イベント(事業)によって異なります。
例会は、福生市輝き市民サポートセンターにて
問合せ TEL/FAX 042-552-6313
代表者 秋山典子
ホームページ ドイツ国際平和村 日本語版HP
http://japan.friedensdorf.de/
メールアドレス frdnsdrf_naj08@ybb.ne.jp

更新日: 2018年2月20日 更新担当者: 高崎


 
  Copyright(C) 2005 Fussa city All right reserved. 福生市輝き市民サポートセンター