~~ 登録団体からのお知らせ ~~
  
登録団体名
登録No.134 俳句会金木犀  
最新情報
句会報告  俳句会金木犀はこのたび新たに再スタートしました。長引く新型コロナウイルスの影響で社会機能はマヒし、この輝きサポートセンターも利用ができない期間が続いたことなどから、会員の合意の下に令和2年8月に会は解散しました。
最近になって、「もっと気軽に俳句を楽しもうよ」という声もあり、会の再建という運びになりました。俳句会金木犀は、第1回を平成25年4月に松林会館で会員10名で開催してから約9年になります。再会に当たりこれまでの会員の方々の熱意と足跡に配意し、金木犀の名称を継承していくこととしました。またサポートセンターの皆様にもお世話になりながら会のロゴも新しくしました。
巷では、人生100年のこれからを輝かせるためには、健康であること。多少の経済力があること。生産性(社会活動に参加して社会貢献する)や趣味(共通の趣味によって仲間ができ社会的活動もできる)を持つこと。お洒落(身だしなみを忘れた人は速やかに老化する)をすることなどが大事と言われます。金木犀は俳句というツールでこれからの人生にちょっとだけ味付けをしている仲間の会です。
会の活動内容等は当センターのホームページをご覧ください。

句会報告  【日時】 令和6年5月17日 (金)午後1時~3時^ 
        【場所】 福生市輝き市民サポートセンター
        【内容】 梅雨間近となり体調も崩れがちとなりました。

今月も楽しい句会でした。
             (今回10句掲載いたします)

 若葉風 香楽しみ呼吸深く          陽子
     爽やかな空気を胸一杯に 今日も頑張る。
 五月闇 ちまき一本皿にのせ         陽子
     新緑に光が差し込む 仕合せのひととき。
 若葉風 黄薔薇一輪我に向く         陽子
     今盛りの黄薔薇 一輪の薔薇おはよう。
 夏木立 写し上水流れ行く          節子
     ゆったりと流れ行く水面に 新緑がきれい。
 筍の煮物顔出す病院食           節子
     狭い病室 思いもせぬ初夏の香りと美味。
 五月闇 旅立つ友を見送りぬ         節子
     悲しみの心 季語が受け止めています。
 梅雨間近 富士の樹海に踏み入りぬ      万里子
     欝蒼とした森 何があるのか興味津々。
 岩も木も風も動かず苔の花         万里子
     木も岩も苔むしている 柔らかき苔の花が。
 欠かせぬは酒の肴のするめいか。      万里子
     確かに 肴は炙った烏賊がいい。
 ばねの口花芯に伸ばす揚羽蝶        仁正


      
 次回句会
令和6年6月21日(金)午後1時~4時
 会員募集  随時募集しています。新規入会をお待ちしています。
団体の紹介
目的 句会や吟行、作品展日等を通じて人の和活動の輪を目指します。
四季の自然に触れながら俳句作りの楽しみと人とのつながりを大切にしています。
活動内容 初心者と経験者が一緒になって俳句を学び楽しむ会です。毎月1回句会を開催するほか、年に2・3回の吟行で会員同士の親睦を深めています。
体験入会も可能です。俳句に興味をお持ちの方は遠慮なくお越しください。
活動日時 毎月第三金曜日 午後1時~2時間半程度
活動場所 福生市輝きサポートセンター
(JR青梅線福生駅隣接プチギャラリー4階)
問合せ 武田 
代表者 武田 仁正
更新日 2024年5月28日 更新担当者:   武 田



 
  Copyright(C) 2005 Fussa city All right reserved. 福生市輝き市民サポートセンター