~~ 登録団体からのお知らせ ~~
  
登録団体名
登録No.134 俳句会金木犀  
最新情報
句会報告 【俳句会金木犀はこのたび新たに再スタートしました。長引く新型コロナウイルスの影響で社会機能はマヒし、この輝きサポートセンターも利用ができない期間が続いたことなどから、会員の合意の下に令和2年8月に会は解散しました。
 最近になって、「もっと気軽に俳句を楽しもうよ」という声もあり、会の再建という運びになりました。俳句会金木犀は、第1回を平成25年4月に松林会館で会員10名で開催してから約9年になります。再会に当たりこれまでの会員の方々の熱意と足跡に配意し、金木犀の名称を継承していくこととしました。またサポートセンターの皆様にもお世話になりながら会のロゴも新しくしました。
 巷では、人生100年のこれからを輝かせるためには、健康であること。多少の経済力があること。生産性(社会活動に参加して社会貢献する)や趣味(共通の趣味によって仲間ができ社会的活動もできる)を持つこと。お洒落(身だしなみを忘れた人は速やかに老化する)をすることなどが大事と言われます。金木犀は俳句というツールでこれからの人生にちょっとだけ味付けをしている仲間の会です。
会の活動内容等は当センターのホームページをご覧ください。
句会報告   
【日時】 令和6年2月16日 (金)午後1時~3時^ 
【場所】 福生市輝き市民サポートセンター
【内容】 今月は一人の方がお休みになり3人の句会投句頂きました。 

(今回10句掲載いたします)

 紅梅や目白 青空コラボして        陽子
     庭の木に目白がやって来ました、穏やかな日です。
 狭まりし我が稼働域よ三寒四温      陽子
     年を重ね活動範囲も少なくなりました。
 冬天に月と梅の香後正楽           陽子
     何事も苦にせずのんきに 自適に生きています。
 寒桜この目で見たし上野森          節子
     友の見舞いに絵葉書、来年こそは。
 早春や入試合格孫踊り             節子
     努力が報われ、喜びが現れています。
 雪催ひ福生の町並み静まれり        節子
     2月5日都心も混乱しましたね
 夜のしじま雷鳴轟く雪景色            万里子
     夜半雷の轟音に幾度も目覚めました。
 予報士の明日は吹くかも春一番       万里子
      吹くと断定しない そこが楽しみ。
 梅咲いてチョコを渡すや日本橋       万里子
      バレンタインデー、双方とも幸せ。
 頬張れば春風さやか恵方巻         仁正


       
 次回句会
令和6年2月19日(金)午後1時~3時
 会員募集  随時募集しています。新規入会をお待ちしています。
団体の紹介
目的 句会や吟行、作品展日等を通じて人の和活動の輪を目指します。
四季の自然に触れながら俳句作りの楽しみと人とのつながりを大切にしています。
活動内容 初心者と経験者が一緒になって俳句を学び楽しむ会です。毎月1回句会を開催するほか、年に2・3回の吟行で会員同士の親睦を深めています。
体験入会も可能です。俳句に興味をお持ちの方は遠慮なくお越しください。
活動日時 毎月第三金曜日 午後1時~2時間半程度
活動場所 福生市輝きサポートセンター
(JR青梅線福生駅隣接プチギャラリー4階)
問合せ 武田 
代表者 武田 仁正
更新日 2024年2月25日 更新担当者:   武 田



 
  Copyright(C) 2005 Fussa city All right reserved. 福生市輝き市民サポートセンター