登録団体からのお知らせ
   読み上げ速度

登録団体名
登録No.32 ふっさマジック腹話術 ResisterNo.32 Fussa Magic Ventriloquism(FMV) マジシャン

最新情報
お知らせ 最近はロープを使ったマジックをはじめ、丸い風船や輪ゴムを使った練習をしています。ロープマジックは手順を覚えるのが大変ですが、脳の活性化に役立っているかと思います。腹話術は最近の社会の出来事を風刺するような台詞づくりをしています。どのような「オチ」にするのか良いか参加者で話し合っています。

夏休み子どもマジック教室を7月28日(木)と8月4日(木)公民館松林分館で、午前10時30分から開催します。これには11名の子ども達が参加予定でおります。

8月27日(土)と28日(日)に開催予定の福生市輝き市民サポートセンターの「hands to hands 2022〜」は多忙のため、不参加となります。

10月2日(日)に開催予定の「ふくふくまつり」(会場は福生市の福祉センター)に出演する予定で、これからはこれを目標に練習に励む予定です。3回全体会が予定されその都度詳細をお伝えしていく予定です。

11月12日(土)に市民文化祭に出演します。会場は本館の小ホールになります。これから数回の会合があり、詳細をお伝えしていく予定です。

福生駅に隣接するプチギャラリーの4階、福生市輝き市民サポートセンターと福祉センター内FVACにポストカードを置かせてもらっています。そちらもごらんください。
 
         
      れなちゃん               関根さん

        
      練習の一コマ              コジマさん
   

団体の紹介
目的 Purpose  マジックや腹話術の練習の成果を訪問先で披露し、観てくれる方々の喜ぶ顔を見たく練習に励んでいます。
クラブを継続することにより、会員間の「近況確認」をはじめ「仲間づくり」や「居場所づくり」を目的としています。
活動内容 Contents  現在練習に励んでいる会員は女性1名、男性6人、この一年間はこのメンバーで練習に励んでいます。子どもや高齢者が理解できるようなシナリオづくりや、家庭にある身近な物、100円ショップで買い求めた品々を利用し新ネタを作っています。

次から次へと演技する人たちで、あっというまに練習時間が過ぎてしまいます。

演技する人とそれを見守る参加者で意見を出し合い、演技内容をチェックすることで技能の向上を図っています。

依然としてコロナ禍は続いていますが、学童クラブをはじめ、ふっさっ子、児童館からのオファーがあり、忙しい日々を送っています。これが生きがいになっています。

常時、会員を募集していますので、遊びに来てください。
活動日時  8月6日(土)と20日(土)いずれも午後2時から練習をおこないます。
活動場所 Place 福生市公民館松林分館
(JR八高線東福生駅西口から徒歩7分)
問合せ Connection 代表者のスマホ 090-6798-4175
問合せ Reference オノック  こと 小野 豊
メールアドレス Mail address y-ono-magic2003@docomo.ne.jp

更新日 2022年7月23日 更新担当者: オノック



 
  Copyright(C) 2005 Fussa city All right reserved. 福生市輝き市民サポートセンター