登録団体からのお知らせ
   読み上げ速度

登録団体名
登録No.44 ドイツ平和村をサポートする会 Peace in Smile

最新情報

ドイツ国際平和村からニュース
【国際こどもの日】
 6月1日は、子どもの権利に目を向ける日として、多くの国で「国際こどもの日」として制定されています。
 地球上の全ての子どもたちは、適切な医療を受ける権利を保持しています。ドイツ国際平和村は、ケガや病気を抱えた子どもたちが保持するべきこの権利と健康な未来のために、54年間活動を続けています。施設敷地内に新しく建設された手術室を備えたメディカル・リハビリセンターによって、紛争や危機的状況にある子どもたちへの支援への可能性が広がりました。すでにリハビリセンターは引っ越しを終え、子どもたちの包帯替えやリハビリが進んでいます。そしてもうすぐ、第1回目の手術が行われる予定です。

ドイツ平和村をサポートする会の2021年度活動方針
・世界で拡大する新型コロナウイルス感染の収束が見えない中でも、会員同士が疎遠にならないよう、メール通信その他の媒体を用いて情報交換や例会を持続する。
・ドイツ国際平和村の活動を紹介し、“いのちと 平和”を市民と共に考える学習会やイベントを企画し、併せて実施できる方法を考える。
・チャリティイベント事業に取り組み、ドイツ国際平和村への財政支援を行う。
活動の報告
6月2日午後8時〜9時55分 「平和村を近くに感じる学習会」をZoom(オンライン)で開催しました。当会の会員が日頃の疑問・課題を中心に質問し、ドイツ国際平和村の日本人スタッフである、中岡麻記さんと宍倉エアビック妙子さんから実情を聴きました。
 ・コロナ禍が続く中での平和村の活動の現状
 ・平和村で行っている平和教育活動について
 ・ドイツ国内の平和村支援サークル(フロインデスクライス)の活動
 ・日本からの寄付の貢献度 など
平和村が抱えるコロナ禍における困難、それに対応する取り組みなどを聞き、予想以上の充実した学習となりました。
  3月23日
平和村に送金しました
平和村リレートーク終了後、皆さまからお預かりしたご寄付249,000円を送金しました。これは3回目の送金でした。
2020年度の寄付金合計は、1,449,000円となりました。皆さまのご協力に心から感謝申し上げます。
例会 6月例会: 6月19日19:00〜  Zoom例会とします。
  
                               「活動紹介展示」 

団体の紹介
目的 会員相互で学び、国際的視野を広げていきます。自らが直接世界各地に出向くことはできなくとも、日本にいながら世界の地域の人々と手を結んでいくことを目指します。
ドイツ国際平和村の活動趣旨を理解し、いろいろな方法で平和村の取り組みを多くの人に伝え、共に平和について考えること、賛同者の協力による財政的サポートも目指します。
活動内容 ドイツ国際平和村の最新情報を知り、国際状況について学習しています。 また、ドイツ国際平和村の実情を多くの人に知ってもらうために、イベント(事業)など企画実施しています。
活動日時 毎月1回例会 不定期
活動場所 イベント(事業)によって異なります。
例会は、福生市輝き市民サポートセンターにて
問合せ TEL/FAX 042-552-6313
代表者 秋山典子
ホームページ ドイツ国際平和村 日本語版HP
http://japan.friedensdorf.de/
メールアドレス frdnsdrf_naj08@ybb.ne.jp

更新日: 2021年6月8日 更新担当者: 秋山


 
  Copyright(C) 2005 Fussa city All right reserved. 福生市輝き市民サポートセンター