登録団体からのお知らせ
   読み上げ速度

登録団体名
登録No.44 ドイツ平和村をサポートする会 Peace in Smile

最新情報
ドイツ国際平和村からの
ニュース
<9月21日付け>
毎年9月21日は、国連が定めた「国際平和デー(ピースデー)」=「世界停戦日」です。
たった一日でいいから「人と人が争わない日」をつくろう。そして、その日から共に生きる世界を作ろうという想いから、国連でこの日を「国際平和デー(ピースデー)」とし、敵対行為を停止するよう全ての国、全ての人々に呼び掛けています。
<9月20日付け>
ドイツでは、9月20日を「世界子どもの日」とし、子どもの人権について喚起しています。子どもの人権について多くの人々に考えてもらえるようにと、1954年の国連総会の際に各国に「世界こどもの日」を制定することが提案されました。小さく無邪気な地球人である子どもたちには、様々な人権に加え、特に「健康に生きる権利」と「紛争被害から保護を受ける権利」があります。
紛争や危機的状況にある地域の子どもたちにとって、この人権が守られていないことが多々あります。最近のアフガニスタンの情勢をみてもわかることです。アフガニスタンは、40年以上も紛争、絶望、貧困に翻弄されてきました。何世代もの人々が「平和」を知らず、子どもたちは戦時下で、成長せざるを得ません。(後略)
活動予告
今秋も平和村チャリティ・ウォークを開催します。
緊急事態は解除されましたが、皆さまの心配は続いていることでしょう。対策に注意しながら、楽しく平和村のために歩きましょう。
〜〜〜〜〜
日時:11月6日(土)13:00集合/ 13:15出発 *雨天中止・小雨決行
集合場所:JR青梅線 牛浜駅西口 *例年と異なります。
参加費:1000円 (全額平和村へ寄付)
申し込み:10月30日(土)まで。 
     電話かメールにて「お名前・連絡先・参加人数」
保険:当会で加入します。
ご注意:検温/体調確認し、マスク着用で、ご参加ください。
活動報告
8月は、毎年市民の方々と「平和」について考える大切な時期として、福生市公民館と協働で平和事業に取り組んできました。今年は感染予対策を徹底した上での実施となりました。
「ヒロシマ・ナガサキ 原爆と人間」平和パネル展は、8月6日~9日までと、期間は例年の4分の1の短さでしたが、それでも中学生親子の来場などあり、嬉しく思いました。
また8月21日(土)には、「戦争遺跡は語る」というテーマで、公民館平和講座がありました。講師お1人、ルポライターの室田元美さんは日本各地の戦争遺跡を紹介し、善意の人々の保存の努力とその意味の大きさを話されました。
また当会の代表も講師の一人として参加し、ドイツで見て来た戦争遺跡を通して、ドイツの戦後の取り組み、気長な努力を紹介しました。
平和村へ送金 2021年7月27日、賛同する皆さまからのご寄付をドイツ国際平和村へ振込みました。寄付合計金額1,120,000円
ご寄付くださった皆さまありがとうございました。
例会 10月例会: 10月23日
会場:輝き市民サポートセンター

      
 「原爆と人間」 平和パネル展の会場の様子   「戦争遺跡は語る」平和講座の様子

            
   詳細はこちらを参照してください 「チャリティーウォーク 表面」
                   「チャリティーウォーク 裏面」

団体の紹介
目的 会員相互で学び、国際的視野を広げていきます。自らが直接世界各地に出向くことはできなくとも、日本にいながら世界の地域の人々と手を結んでいくことを目指します。
ドイツ国際平和村の活動趣旨を理解し、いろいろな方法で平和村の取り組みを多くの人に伝え、共に平和について考えること、賛同者の協力による財政的サポートも目指します。
活動内容 ドイツ国際平和村の最新情報を知り、国際状況について学習しています。 また、ドイツ国際平和村の実情を多くの人に知ってもらうために、イベント(事業)など企画実施しています。
活動日時 毎月1回例会 不定期
活動場所 イベント(事業)によって異なります。
例会は、福生市輝き市民サポートセンターにて
問合せ TEL/FAX 042-552-6313
代表者 秋山典子
ホームページ ドイツ国際平和村 日本語版HP
http://japan.friedensdorf.de/
メールアドレス frdnsdrf_naj08@ybb.ne.jp

更新日: 2021年10月5日 更新担当者: 秋山


 
  Copyright(C) 2005 Fussa city All right reserved. 福生市輝き市民サポートセンター