登録団体からのお知らせ
   読み上げ速度

登録団体名
登録No.44 ドイツ平和村をサポートする会 Peace in Smile

最新情報
ドイツ国際平和村からの
ニュース
 食糧と医薬品の支援物資を再びアフガニスタンへ 1月19日付け
 現在、アフガニスタンでは想像のつかないほど過酷な状況が続いています。子どもたちを含めた多くのアフガニスタン国民が飢餓に苦しんでいます。親たちは所持しているものを売って家族を養っています。昨年12月、アフガニスタン現地パートナー団体の要請を受け、ドイツ国際平和村は、アフガニスタンの人々が厳しい冬を越せるよう必要な食糧を届けました。今回は4000箱の食糧などの支援物資が詰まった箱を配布する支援活動を行いました。
 多くの家族は、親が失業、または国がお給料を支払えないため、現在、収入がありません。昨年8月の政権交代前、アフガニスタンの国家予算は、75%を他国からの資金で賄っていましたが、この資金は現在ありません。すでに何十年も苦しみ続けてきた貧困層の人々は、この状況下でさらに困窮しています。食料品の価格は急騰し、人々は購入することができず空腹を抱えています。飢餓や絶望感は、社会の中級層にまで広がりを見せています。ここに厳しい冬が追い打ちをかけます。ガスの価格も上昇し、一般の人々は支払うことができません。
 例えば、カブール市の総合病院は、ガスの高騰が理由で、現在使用されていません。個人経営のクリニックからは、治療中の子どもの生存率が急激に下がっているという報告がありました。薬も医療品も不足しています。(後略)
活動予告
*2月23日(水・祝)13:30~15:30 福生市プチギャラリー3階
DVD(アフガニスタン 用水路が運ぶ恵みと平和)を見る会「中村哲さんから学ぶ」を開催します。DVD鑑賞後、参加者の皆さんと語り合い、平和な世界をつくるための「種」を探します。チラシは下段の写真。
参加費: 無料   先着20人
3月23日(水)再び福生市公民館とコラボします。(昨年の8月の平和学習会に繋がる学習です)
東大和市の戦争遺跡のフィールド・ワークに協力します。
2月15日「広報ふっさ」に詳細が掲載される予定です。
平和村へ送金  11月6日(土)平和村チャリティ・ウォークを開催し、その時にお預かりした寄付100,000円を11月中に平和村に送金をいたしました。
12月末に受領書が送られてきました。
皆さま、ありがとうございました。
例会 2022年2月12日(土)13:00~15:00
輝き市民サポートンターにて
       

団体の紹介
目的 会員相互で学び、国際的視野を広げていきます。自らが直接世界各地に出向くことはできなくとも、日本にいながら世界の地域の人々と手を結んでいくことを目指します。
ドイツ国際平和村の活動趣旨を理解し、いろいろな方法で平和村の取り組みを多くの人に伝え、共に平和について考えること、賛同者の協力による財政的サポートも目指します。
活動内容 ドイツ国際平和村の最新情報を知り、国際状況について学習しています。 また、ドイツ国際平和村の実情を多くの人に知ってもらうために、イベント(事業)など企画実施しています。
活動日時 毎月1回例会 不定期
活動場所 イベント(事業)によって異なります。
例会は、福生市輝き市民サポートセンターにて
問合せ TEL/FAX 042-552-6313
代表者 秋山典子
ホームページ ドイツ国際平和村 日本語版HP
http://japan.friedensdorf.de/
メールアドレス frdnsdrf_naj08@ybb.ne.jp

更新日: 2022年1月25日 更新担当者: 秋山


 
  Copyright(C) 2005 Fussa city All right reserved. 福生市輝き市民サポートセンター