~~ 登録団体からのお知らせ ~~
  
登録団体名
登録No.44 ドイツ平和村をサポートする会 Peace in Smile
最新情報
ドイツ国際平和村
からのニュース
 【2024年5月25日(土)キルギス】
5月22日(水)より、ドイツ国際平和村スタッフがキルギスを訪れています。現地では、ケガや病気を抱えた子どもたちとその家族との面会や現地プロジェクト視察が予定されています。今日までに、様々な疾患を抱えた130人以上の子どもたちの面会をしました。数週間前までアンゴラの現地でも面会をしていましたが、アンゴラで多く見た骨髄炎を患った子どもたちの数は少なく、キルギスでは泌尿器系疾患を多く目にします。泌尿器系の治療はキルギスでは困難で、ドイツでの治療が必要です。
【2024年5月29日 ウズベキスタン】
5月26日の日曜日に、ウズベキスタンに入りました。こちらは夏のような気温です。滞在初日の数日で、首都タシケントとその近郊に住む子どもたちとその家族の面会を行いました。その後、電車で南東方面にあるカルシーへ向かいました。当市の小児病院の大きなホールにて、2日間、面会を行いました。この面会のために6時間かけてやってきた家族もいます。
タシケントとカルシー、両市での面会を通し、ドイツでの治療を通して援助できる可能性がある子どもたちの情報を得ることができました。
ウズベキスタン滞在の最終目的地は、サマルカンドです。面会と並行して、援助物資の受け渡しもします。また、子どもたちの母国における手術プロジェクトのうち心疾患を抱えた子どもたちへの手術プロジェクトも見学します。ドイツ国際平和村は、この心疾患の子どもへの手術プロジェクトを2015年から支援しています。

2024年度の
活動方針








活動報告

    
・世界に目を向けると、暴力の応酬や戦争、紛争が止むことなく続いています。平和であってほしい、平和づくりの一助になりたいという想いが強くなる一方で、世界の現状が重くのしかかります。こうした現状に対しても「あきらめない」と述べたドイツ国際平和村代表シュティフター氏の言葉に共感し、当会も「平和づくりを『あきらめない』」を今年度の活動方針に掲げ、「子ども、いのち、平和」をテーマに、考えを深める学習会やイベントの機会を作ります。
・2023年度までと同様に、ドイツ国際平和村の活動を広く紹介していきます。また、その活動に賛同してくださった方々からの寄付をお預かりし平和村へ届け、ドイツ国際平和村への経済的な支援に継続的に取り組んでいきます。

6月1日、ドイツ国際平和村とZoomで結び、情報交換をしました。新たに平和村の活動をしての取り組みなど説明をして頂き、こちらからは平和が危ういと感じる世界情勢の現在、活動の難しさなどを話し会いました。
寄付送金について 皆さまのご理解とご賛同のお気持ちを大切に、2024年度も寄付をお預かりしたいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。
例会

月例会  日(日)15:0017:00


          

         

   「2023年事業の様子」
団体の紹介
目的 会員相互で学び、国際的視野を広げていきます。自らが直接世界各地に出向くことはできなくとも、日本にいながら世界の地域の人々と手を結んでいくことを目指します。
ドイツ国際平和村の活動趣旨を理解し、いろいろな方法で平和村の取り組みを多くの人に伝え、共に平和について考えること、賛同者の協力による財政的サポートも目指します。
活動内容 ドイツ国際平和村の最新情報を知り、国際状況について学習しています。 また、ドイツ国際平和村の実情を多くの人に知ってもらうために、イベント(事業)など企画実施しています。
活動日時 毎月1回例会 不定期
活動場所 イベント(事業)によって異なります。
例会は、福生市輝き市民サポートセンターにて
問合せ TEL 042-552-6313
代表者 秋山典子
ホームページ ドイツ国際平和村 日本語版HP
http://japan.friedensdorf.de/
メールアドレス frdnsdrf_naj08@ybb.ne.jp
更新日: 2024年6月4日 更新担当者: 秋山



 
  Copyright(C) 2005 Fussa city All right reserved. 福生市輝き市民サポートセンター