登録団体からのお知らせ
   読み上げ速度

登録団体名
登録No.44 ドイツ平和村をサポートする会 Peace in Smile

最新情報
ドイツ国際平和村からのニュース
アフガニスタンの援助飛行 11月6日
 子どもたちが無事アフガニスタン・カブールに到着しました。帰国した子どもたちと入れ替わりで、治療が必要な子どもたちが渡独します。
 少しずつお別れが近づいている。 しかし、木曜日の朝に54人の負傷者や病気の子供たちがドイツに出発します。ドイツで診療する前に、今日はPCR検査や手話学習などの重要な準備が必要でした。 子供たち一人一人が再度検査され、新しい包帯が提供されました。 娘が骨粗しょう症になったお父さんが、2ヶ月前に失った骨の破片を見せてくれました。 小さな男の子の包帯交換の間に、骨が2本ほぐされ、そのうち1本は高さ10cm。(中略)子供は泣きながらも、勇敢に彼らの痛みに耐えました。
私たちは1988年からアフガニスタン赤三日月と協力しています。 今日初めて、大統領Mawlawi Matiul Haq Khalesが家族に話した。 彼は協力に感謝し、ARCSが私たちの仕事をサポートするために全てをやってくれると強調しました。
活動報告
去る11月5日(土)13:15、平和村チャリティ・ウオークをスタートさせました。今年は参加者が少なく少し残念でしたが、会員と共に15人で歩きました。平和村の子どもたちに思いを寄せて、また現実の平和を願い約6Kmを歩きました。16回目となる今回は、新しいルートを秋晴れに恵まれ、楽しく歩き、休憩では和やかな交流ができました。参加者の皆さま、ありがとうございました。 
活動予告 輝き市民サポートセンター主催の講座「市民活動プレゼンテーション」で当会の活動を発表するべく、準備を始めました。
寄付送金について 11月5日の実施した平和村チャリティ・ウオークにおきまして、当日の参加費と寄付、事前にお預かりした皆さまからの寄付の合計は67,000円となりましたことをご報告します。
皆さまのご協力に感謝いたします。当会からの寄付も追加し、70,000円として、ドイツ国際平和村に送金いたしました。
例会 2022年11月例会: 11月23日 17:00~21:00
仕事の関係で、夜のzoom開催とします。
11月5日 平和村チャリティー・ウォークの様子
     
    

団体の紹介
目的 会員相互で学び、国際的視野を広げていきます。自らが直接世界各地に出向くことはできなくとも、日本にいながら世界の地域の人々と手を結んでいくことを目指します。
ドイツ国際平和村の活動趣旨を理解し、いろいろな方法で平和村の取り組みを多くの人に伝え、共に平和について考えること、賛同者の協力による財政的サポートも目指します。
活動内容 ドイツ国際平和村の最新情報を知り、国際状況について学習しています。 また、ドイツ国際平和村の実情を多くの人に知ってもらうために、イベント(事業)など企画実施しています。
活動日時 毎月1回例会 不定期
活動場所 イベント(事業)によって異なります。
例会は、福生市輝き市民サポートセンターにて
問合せ TEL 042-552-6313
代表者 秋山典子
ホームページ ドイツ国際平和村 日本語版HP
http://japan.friedensdorf.de/
メールアドレス frdnsdrf_naj08@ybb.ne.jp

更新日: 2022年11月10日 更新担当者: 秋山



 
  Copyright(C) 2005 Fussa city All right reserved. 福生市輝き市民サポートセンター