登録団体からのお知らせ

登録団体名
         登録No.48 男の台所

最新情報
お知らせ  世界を見れば食料危機に見舞われている国々がたくさんあります。一日一食しか食事にありつけない人々が何億人いるのでしょうか。ロシアとウクライナの戦争の影響も大きな妨げになっています。一方、とてつもない量の食べ物をつくり、時間内で食べることを競うテレビ番組があります。

 「子ども食堂」や「フードバンク」への取り組みはほんの少しずつですが拡大を見せていますが、まだまだ足りません。

 新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から去年の11月に再開してから、未だに調理室では食することはなく、料理したのをテイクアウトしている状態が続いています。

 11月13日(日)はいつもの調理室を離れ、車に分乗し瑞穂町にある牧場に行き、里芋掘りの体験をしてきました。
牛浜駅前を2台の車で約20分走ると、18頭の乳牛が迎えてくれた。早速身支度をし、牧場の一角にある里芋畑に行きました。里芋を栽培している砥綿先生から里芋を収穫する方法を教わった。その方法をざっくり言うと、
①  地表に出ている葉っぱを包丁で取り除く。
②  里芋の周りを垂直にスコップで掘る。
③  掘った土をどかす。
④  スコップを里芋の真下に当てる。
⑤  スコップで里芋を下から持ち上げる。
⑥  里芋を手に取り、約1メートルから落とし、余分な土を取り除く。
⑦  大きな幹(親芋)から子芋を切り離す。
⑧  更に土を取り除く。
⑨  天日干しをする。
⑩ 乾いたら袋に詰める。
 これで手順は終了です。一人平均45個の収穫がありました。お昼は牧場主の奥さんと里芋汁を食べました。

 10月23日(日)はアクアパッツアとケーキづくりをしました。
 「アクアパッツァ」は、イタリア南部・ナポリ地方の郷土料理。焼いた魚を水で煮込んで旨みを引き出し、トマトやオリーブ、あさりなどの具材を加え、オリーブオイルでシンプルに仕上げる料理でした。私たちにとっては今まで調理したことのないのでとても新鮮でした。初めての経験で試行錯誤しましたが、どうにかこうにかそれらしく料理できたのではと自負しております。

 それにしてもいつになったらテイクアウトをすることなく、調理室で食べることができる日が来るのだろうか・・・早くそうなって欲しいものです。

 知っておくと役に立つ豆知識 食品保存のしかた 

里芋 里芋は英語でTAROと言います。親しいやすいネーミングですね。原産地は東南アジアで西洋人には馴染みの少ない芋ですが、用途は広く、親芋をスライスし、フライパンにバターを敷き中火で両面を焼き、自分の好みで醤油をはじめ、ワサビやショウガなどで食べるとまるでステーキを食べている食感でした。酒のつまみに最高ですよ。

 能書きが長くなりましたが、里芋は低温に弱く、5℃以下になると低温障害が出て食感が悪くなります。
 里芋は乾燥に弱いので冷蔵庫には入れず、泥付きのまま新聞紙などにくるんで風通し良い冷暗所に保存します。寒い地域などでは更に段ボールに入れたり、発砲スチロールの入れ物に入れて、雨のかからない所に保存すると良いでしょう。

 洗うとカビが生えやすくなり、保存には向かないので使う際に使う分だけ洗うようにすると良いでしょう。
洗った里芋を保存したいときは、適度に周りを乾かしてから新聞紙などにくるんで冷暗所に保存の上、早めに食べきるようにしましょう。

 また、傷のついている里芋は痛みやすいので保存はせずに早めに食べるようにします。傷んだ芋があると他の芋も痛むので保存する際には傷などが無いかチェックしておきます。

 下茹ですればいつでも使えて便利です!

 皮を剥いて下茹でしたものは、タッパーなどに水に浸した状態で冷蔵庫に保存すれば、すぐに調理することができて時短になり便利です。3日間位で食べきるようにしましょう。

 ねっとりした里芋は美味しいだけでなく、最近では血糖値を下げる効果も期待されるなど、積極的に取りたい野菜の一つです。上手に保存して美味しい里芋をたくさん食べましょう!
 
団体の紹介
目的  年齢差に関係なく、料理を一緒につくり、一緒に食べることを通してお互いの「元気の確認」をはじめ「仲間づくり」や「居場所づくり」を目的としています。
 最近では料理以外の共通の趣味を楽しまれている方々がいます。

        料理は本当に楽しいですネ!
活動内容  男だけの団体で、高校生から後期高齢者の人たちで月に一回、料理を楽しんでいます。プロの料理人(女性)から懇切丁寧に教わっています。
 詳細については代表者にご連絡ください。
活動日時   次回は12月18日(日)になります。いつもの調理室に戻り、今年最後とあって、生地からつくるピッザとケーキづくりをします。それと今年一年間のプール金でお土産を持って帰ってもらいます。お土産は当日まで内緒にしておきます。それを見たらきっと誰もが喜ぶことでしょう🎵
活動場所 福生市公民館本館調理室 (JR青梅線牛浜駅東口徒歩7分)
問合せ 代表者のスマホ 090-6798-4175
代表者 オノック こと 小野 豊
メールアドレス y-ono-magic2003@docomo.ne.jp

更新日 2022年11月22日 更新担当者: オノック(小野 豊)

 
  Copyright(C) 2005 Fussa city All right reserved. 福生市輝き市民サポートセンター