~~ 登録団体からのお知らせ ~~
  
登録団体名
 登録No.48 男の台所
最新情報
お知らせ  ちょっと古いニュースですが、厚生労働省によると、令和4年の女性の労働力人口は前年から16万人増えて3096万人となり、労働力人口総数の44.9%を占めています。
 Mさんは妻と子供たち3人の5人暮らし。妻は近くの工場に社員として勤めている。仕事は忙しいようで帰りが遅く、先に帰宅したMさんは苦手な料理をする日が増えている。Mさんは慣れない手つきで家事に奮闘しているが、高校生になる長女や子供たちは手伝うそぶりを見せることはない。Mさんのフラストレーションは高ぶるばかりでした。
 そんなある日、妻が帰宅して「遅くなってごめんね。いま準備するから」と、一休みもせず、すぐに台所に立って3人の子供たちとMさんの夕食の支度にとりかかったのです。その姿に(妻はずっと一言も文句は言わず仕事の後に家事をしていてくれていたんだ)とMさんは猛省したのでした。
 その日以来、帰宅の後先に関係なく家事に取り組んだ。時間が経過するのは早いもので3人の子供たちが巣立ち、定年退職したMさんは公民館に籍を置く「男の台所」の料理教室に通っている。妻もリタイヤし好きなバトミントンで汗を流している。
 一日一日元気をモットーに二人だけの生活を楽しんでいる。時々長女から「(孫娘)学園生活を楽しんでいるよ~」の添付写真付きLINEが送られてくる。 

 5月19日はハンバーグづくりにトライしました。ボウルに合い挽き肉・玉ねぎ・サラダ油・パン粉・牛乳・卵・にんにく・塩・砂糖・胡椒を入れ、手でこねます。その時は両手にサラダ油を薄く塗りべとつかないように幕をつくっておきます。中の空気を抜きサラダ油で熱したフライパンに整形されたハンバーグを入れ、片面に焼き色がついたらひっくり返したあとは蓋をして中火焼くこと7分~9分。焼き具合を竹串で刺し大きなお皿にのっけ、ケチャップとウスターソース、醤油でつくったタレをまんべんなくかけます。ごはんはお椀に入れ先ほどのハンバーグの大きな皿の横にひっくり返します。こうすることにより「洗い物」が少なくなります。
 そのほかに小松菜とツナのサラダ、更に高騰著しいキャベツをつかった料理で正午ちょっと前には「いただきま~す」
 「ホットコーヒーも美味しかったなぁ~」
 残った食材はいつものようにじゃんけんで持ち帰りましたが、同時に空き缶や廃棄物を持ち帰ってもらいました。
 今回、日米友好祭が横田基地で開催され、集合場所である牛浜駅も大変混雑していました。前回からあきる野市在住の方が加わり料理を楽しんでいます。いつものように砥綿先生のご適切なる指導には大変感謝しております。

             「美味しかった!」


   次回(6月23日)はレバニラ炒め+一品を予定しています。

 
 公民館本館ロビーに展示しているポスターにQRコードを付記し、クリックすることにより、私たちが登録している福生市輝き市民サポートセンターのホームページから詳細な情報が得ることができます。        

      

                    
団体の紹介
目的  年齢差に関係なく、料理を一緒につくり、一緒に食べることを通してお互いの
元気の確認」をはじめ「仲間づくり」や「居場所づくり」を目的としています。
 最近では料理以外の共通の趣味を楽しまれている方々がいます。

        料理は本当に楽しいですネ!

活動内容  男だけの料理サークルで、ほとんどの人が60年以上前の少年たちが月に一回プロの料理人(女性)から懇切丁寧に教わり料理を楽しんでいます。
 詳細については代表者にご連絡ください。
活動日時  6月23日(日)午前9時~正午
活動場所 福生市公民館本館調理室 (JR青梅線牛浜駅東口徒歩7分)
問合せ 代表者のスマホ 090-6798-4175
代表者 オノック こと 小野 豊
メールアドレス y-ono-magic2003@docomo.ne.jp
更新日 2024年5月21日 更新担当者: オノック(小野 豊)



 
  Copyright(C) 2005 Fussa city All right reserved. 福生市輝き市民サポートセンター